先頭に戻る

なぜヨーグルトは食べれて牛乳はお腹を壊す?

牛乳で腹痛

下痢してしまうから、牛乳が飲めない

 

この理由はいくつか考えられますが、1番多いのが乳糖不耐症。

 

牛乳には『乳糖(ラクトース)』が含まれていて、乳糖を体内で分解するにはラクターゼと言う酵素が必要です。

 

ところが、体質によってはラクターゼを十分に持っていないために、乳糖の分解ができず、お腹を壊す場合があります。

 

子供より大人に多く、子供の頃は牛乳が飲めたのに、大人になったらお腹を壊すようになってしまうこともあります。

 

ヨーグルトなら食べられる!

イチゴヨーグルト

牛乳はカルシウムの宝庫!
食事の栄養バランスを整えるためにも、積極的に飲みたいものですが、体質に合わないのに無理して飲む必要はありません。

 

代替品として、ヨーグルトを食べれば良いのです。

 

ヨーグルトは牛乳から作られますが、発酵するときに乳酸菌が乳糖を分解してしまうため、ほとんど乳糖を含みません。

 

発酵中の乳酸菌の動き

牛乳

乳酸菌が発酵してヨーグルトが作られるためには、
・たんぱく質
・糖
が必要です。

 

乳酸菌は糖をエネルギー源として、乳酸を生産し、たんぱく質を変性させて沈殿を作ります。
この沈殿がヨーグルトです。

 

実は、たんぱく質は牛乳由来でなくても大丈夫なんです!
豆乳からもヨーグルトを作ることができるんですよ。

 

糖は、プレーンヨーグルトの場合は牛乳に含まれる乳糖が使われます。
加糖して発酵させるヨーグルトの場合は、砂糖も一部乳酸菌に消費されます。

 

ヨーグルトでもお腹を壊す場合は

食べてはダメ

考えられる理由は2つあります。

 

まず一つ目は、冷たい食べ物でお腹を冷やしやすい体質の場合です。
ホットミルクやホットヨーグルトならお腹を壊さないケースは、冷たい物が苦手な体質と考えられます。
乳製品を食べても問題ありませんが、身体を冷やさないように、温めて食べることをおすすめします。

 

二つ目は、食物アレルギーがある場合です。
食物アレルギーは、食品中のたんぱく質に反応を示すもので、『乳たんぱく』を含む牛乳・ヨーグルト・チーズなど全てお腹を壊す場合がこれにあたります。

 

食物アレルギーと言うと、湿疹や呼吸困難などが注目されますが、下痢もアレルギー反応の一種です。

 

アレルギー反応がある食品を食べ続けると症状が重くなる場合もあるため、心当たりがある場合は乳製品は避けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る