先頭に戻る

大腸まで生きたまま届く乳酸菌

なぜ乳酸菌が大腸まで届かないのか

乳酸菌は生きて大腸まで届く乳酸菌と、そうでないものがあります。
乳酸菌が届く前に死んでしまうのは、乳酸菌が食道から胃を通っていく時に、食べた物を消化する胃液の酸にさらされて死滅してしまうためです。
体内は外部からの他の菌などから体を守るための環境を作っています。

 

胃液もそのためのもので、雑菌やウイルスを殺菌するために分泌されますが、体に必要な菌とそうでない菌を判断する事はできません。
入ってきた全てのものが胃液にさらされます。
乳酸菌はプロバイオティクス効果というものを持っており、腸内細菌のバランスを改善して体内を守る機能を高めてくれる役割を持ちますが、その力があっても中々生きて体内を通り抜ける事はできません。
腸の様子

 

大腸まで生きて届く乳酸菌は?

商品によっては乳酸菌を大腸まで送るために、カプセル状にして、胃液にも耐えられるようにして送り込むという商品もあります。
また、乳酸菌自体の耐性が高いものもあります。
善玉菌のチカラに使われている「クレモリス菌FC株」は生きて腸にまでとどく種類の菌です。
菌としては生の菌で生きたまま大腸に届く菌の方が、善玉菌を助けて悪玉菌を防ぐという役割も強いため、良い菌と言えます。

 

カスピ海ヨーグルトに含まれているクレモリス菌という乳酸菌はとても粘り気があって強いため、大腸の奥まで届いていきます。
市販の飲料などで、生きて大腸まで届く乳酸菌が入っているものはプロバイオティクスという表示があるので、目安にすると良いでしょう。
乳酸菌の特徴なども書いてあれば、チェックしてみると良いでしょう。

 


このページの先頭へ戻る