先頭に戻る

花粉症とヨーグルト

花粉症にはヨーグルトが効果的といわれていますよね。
ヨーグルトの何が花粉症に効果があるのでしょうか?

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌で体質改善

ヨーグルトは、腸内環境を整えることで、免疫機能を正常に保てると考えられているため、花粉症に良いとされています。

 

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていることはご存知ですね。
この乳酸菌は免疫力アップに効果的と言われています。

 

免疫力というのは、ウィルスの浸入から身体を守ったりすることです。
一方、花粉症などのアレルギー症状は、免疫によって作られる『抗体』という物質が過剰に作られてしまう状態です。
つまり、免疫機能が正常に保たれることで、アレルギー反応は起きなくなり、花粉症の緩和が期待できます。

 

花粉症の男性しかしながら、花粉症になったからヨーグルトを食べればすぐに症状がよくなるわけではありません。

腸内環境の改善には時間がかかります。
続けることで、徐々に改善されていきます。
また、花粉のシーズンが始まる前にヨーグルトを食べて腸内環境を整えておくと、症状が軽くなるケースもあるようです。
ヨーグルトを食べる回数を増やしたり、善玉菌のチカラのようなサプリメントを利用したりして、常に乳酸菌を摂取するようにすると良いでしょう。

 

どのヨーグルトでもOKではない!

ヨーグルトは様々なメーカーからたくさんの種類が販売されています。
自分で作ることもできますよね。
でも、すべてのヨーグルトが花粉症対策に効果があるわけではないのです。
まず、加糖されているものは避けたいですね。
実は砂糖によって腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまいます。
これでは逆効果ですね。

 

また、せっかく乳酸菌が入っていても、腸に届き、住み着いてくれないと効果がありません
そのため、食べるタイミング乳酸菌の種類も重要です。
空きっ腹にヨーグルト(乳酸菌)をとっても、残念ながら胃液により乳酸菌が減ってしまいます
何かを食べて、すぐにヨーグルトを食べるか、善玉菌のチカラのように生きて腸まで届く乳酸菌を使った食品を摂るのがおススメです。


このページの先頭へ戻る