先頭に戻る

違いはある?市販のヨーグルトとカスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトと普通のヨーグルトは、食べてみると違いがかなりはっきりと分かります。
好みも分かれる事が多いので、一度試してみるのがお勧めです。二つのヨーグルトの違いを挙げてみます。

 

味が違う

カスピ海ヨーグルトは普通のヨーグルトのような酸味がなく、まったりとした感じの味です。
太りやすくなる食べ物ではないですが、お腹に溜まるような食べ心地があります。
好みが分かれるところですね。
おいしくて継続して食べる方ももちろんいます。
カスピ海という海をイメージして、クセや塩っぽさなどがあるかと思う方もいますが、特にそういうことはなく、クセもなく、食べやすい味です。
カスピ海ヨーグルトのデザート

 

食感が違う

普通のヨーグルトは少しとろったした感じですが、カスピ海ヨーグルトは特有の乳酸菌からくる独特の粘りがあり、柔らかい杏仁豆腐のような食感になっています。
食べた事がないと最初は驚く方も多いです。
喉を通る感じはなめらかな感じがします。

 

乳酸菌の質が違う

カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、カスピ海特有のクレモリス菌という菌。
普通のヨーグルトに含まれている乳酸菌ではブルガリア菌といったものが多いですが、性質も異なり、体内からの菌を防ごうとする攻撃にも耐えられる強さを持っています。
そのため、腸の奥まで届き、腸の善玉菌をしっかりと助けます。

 

値段が違う

カスピ海ヨーグルトは1000円前後しますので、普通の市販のものと比べてもかなりの差があります。
価格はそれだけ良いものという品質の保証と考えて、一度試してみるのも良いですよ。
手軽に始めたいのであれば、善玉菌のチカラというサプリメントを利用すると、ヨーグルトを毎日食べるより安く済ますことができます。


このページの先頭へ戻る