先頭に戻る

健康機能表示食品とトクホの違いは何?

最近なにかと「健康」に関する食品が多くでていますよね。
健康ブームということもあり、どのメーカーも健康を取り入れた商品を販売しています。

 

その中で2015年4月1日から「機能性表示食品」と表示されている食品が販売されるようになりました。
それ以前から特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品と呼ばれる商品も販売されていましたが、それらとどのような違いがあるのでしょうか。

 

機能性表示食品とは

事業者の責任において商品に表示されています。
ただし、トクホとは違い個別に消費者庁長官の許可を受けたものではありませんが、一定の機能を表示できるようになりました。

 

取得の手順

消費者庁が定めたガイドラインに沿って商品を使った臨床試験や成分のシステマティックレビューを行い、その結果が基準に達しており、販売前に安全性や機能性の根拠に関する情報が消費者庁長官へ届けられたものです。

 

表示例

機能性表示食品ができるようになったことで、栄養成分の含有量の表示や機能性関与成分が身体に対してどのように機能するかの表示が可能になりました。
よく見るのが「健康を維持する」とか「働きをサポートする」とかいった表示です。
元気な家族

 

特定保健用食品(トクホ)とは

消費者庁長官が個別に許可をした商品です。
商品ごとに認められた身体への効果効能を表示することができます。

 

取得の手順

特定保健用食品(通称:トクホ)は、臨床データ等、科学的根拠からその商品が健康の維持増進に役立つことが認められており、表示される効果や安全性について国が審査を行って、初めて表示することができます。
※発足当初は厚生労働省の管轄でしたが、2009年に消費者庁へ業務が移管されました。

 

表示例

ヘルシアやアヨーグルトなどトクホのマークがついた商品です。
「コレステロールの吸収を抑える」「お腹の調子を整える」といった表示が可能です。
トクホマーク

 

栄養機能食品とは

栄養機能食品は一日に必要な栄養成分を補うために利用できる商品です。
特に届けをしなくても国が定めた方法で機能性を表示できます。

 

取得の手順

すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば表示することができます。
3種の中で、取得手順は最も簡易です。

 

表示例

「カルシウムは骨や歯を形成するのに必要な栄養素です」といった表示です。
カルシウム

 

 

健康機能表示食品

トクホ

栄養機能食品

事業者が表示

×

消費者庁長官の許可

×

×

 

何が違うのか

トクホや栄養機能食品がすでにあるので機能性表示食品なんて今更必要ないように思いますよね。

 

でも、トクホを取得するには膨大な時間とお金が必要になります。
これは企業にとって悩みどころですよね。
機能性表示食品はそんな企業の負担を少なくすることができます。

 

また、栄養機能食品のように加工食品のみではなく、生鮮食品にも表示が可能になっています。
条件を満たせば表示可能
機能性の根拠を示すデータを消費者にもわかりやすく公開する必要があるので、消費者自身で確認し商品を選択することができます。

 

機能性表示食品の登場によって私たちも選択肢が増え、目的にあった商品を選ぶことができますね。

 


このページの先頭へ戻る