先頭に戻る

菌が多い食べ物と言えば・・・?

菌活ブームで「菌」が注目されていますね。
菌を取り入れることで、免疫力を高めることができ、健康維持に役立っています。
善玉菌のチカラのようなサプリメントから手軽に菌を取り入れることができますが、食品から摂取できたらいいですよね。
では、どのような食品が菌を多く含んでいるのでしょうか。

 

身近にある菌が含まれた食品

キノコ

菌といえばやはり「キノコ類」ですよね。
キノコは菌糸で形がつくられており、全体が菌そのものなので、手っ取り早く菌活ができます。
価格もそんなに高くないですし、いろいろな料理に使うことができますね。
しかもキノコは肌荒れ防止にも役立っています。
しめじ

 

ヨーグルト

次に菌といえば「ヨーグルト」に含まれる乳酸菌ですよね。
たくさんのメーカーから発売されていますし、味もさまざまです。
フルーツやジャムを添えるだけでも飽きずに食べれますね。
ヨーグルト

 

また、ヨーグルトは花粉症にも効果があります。
この乳酸菌は「ヨーグルト」だけではありません。
漬物にも乳酸菌が含まれています。
ご飯との相性も抜群なので毎日摂ることができますね。

 

発酵食品

発酵食品も菌を利用して加工した食品ですね。
「納豆」は納豆菌を利用して大豆を発酵させています。
また、納豆菌には動脈硬化予防効果が期待されています。
納豆

 

他にも「お酒」も発酵していますね。
お酒は適度な量であれば血流を良くしたり体に良い影響もあります。
ただし、妊娠・授乳中、薬を服用しているときなどは飲酒は厳禁です。
「菌を摂る」とか言って飲まないように!

 

味付けでよく使う「味噌」や「醤油」も発酵食品ですね。
こう見ると、日本食ってなんだかんだ菌を多く取り入れていることに気が付くことでしょう。
菌活なんて言葉がなくても、昔からちゃんと菌活していたんですよ。
さすが、日本!!って感じですね。

 


このページの先頭へ戻る