先頭に戻る

人の身体にいる菌とは

菌活ブームで注目されている「菌」ですが、その種類はたくさんあります。
例えば、乳酸菌のとか納豆菌のように食品に含まれているものがあります。
先程挙げた納豆菌でさえも1500種類もあるとのこと。
それぞれ性格が違うのです。
そして、食品以外にも私たちの体にたくさんいます。
菌のイラスト

 

腸内にいる菌

腸内には私たちによって良い菌と悪い菌が両方います。
良い菌は乳酸菌
悪い菌は大腸菌が有名ですね。

 

それ以外にも日和見菌と言って、体調によっては私たちに悪い方になる菌も存在しています。
良い菌を増やせば、下痢や便秘知らずでいられます。
食中毒菌を体内に取り入れてしまった時も、良い菌がたくさんいる人は症状が軽いということもあるようです。

 

肌にも菌が関係している

肌のコンディションに菌は関係がないように思いがちですが、実は関係があるのです。
肌だけでも1兆個もの菌がいます。
ここでも私たちにとって良い菌と悪い菌、その他の菌が存在しています。

 

良い菌は表皮ブドウ球菌、ビフィズス菌で他に病原菌の侵入を防いだり、悪い菌の増殖を防いでいます。
悪い菌は黄色ブドウ球菌で皮膚のカサカサなどを引き起こします。

 

その他としてはニキビで有名なアクネ菌です。
アクネ菌が増えすぎるとニキビの原因になってしまいます。
でも、このアクネ菌は普段はうるおいの物質をつくるという良い仕事をしています。
殺菌すれば良いという単純なものではないのです。

 

「除菌」のやりすぎには注意

最近、菌活ブーム以外に除菌ブームがありますね。
菌を取り入れる菌活、一方で菌をなくす除菌
なんか矛盾している気がしませんか。
菌は一方的に悪いのではなく、私たちに免疫をつける役割も果たしています。
除菌は衛生的にはいいもののように聞こえますが、除菌のし過ぎは免疫力の低下を招きます。
気をつけましょう。

 


このページの先頭へ戻る