先頭に戻る

女性に多いコロコロウンチも便秘かも

理想のウンチと何が違うの?

良いウンチとは

健康なウンチはバナナ型って聞いたことはありませんか?

 

私は見たことがないのですが(+_+)
理想のウンチは、黄色〜オレンジ色で、バナナのような形が1〜2本です。
硬さもちょうどバナナくらいで、いきむことなく、スルッと出るのが理想なのだとか・・・

 

もう一度言いますが、見たことありませんけど・・・汗
本当に、みんなそんなのが出ているの?

 

実は、女性に多いのが、コロコロウンチです。
ウサギのウンチみたいな小さな黒っぽい粒が、何粒か出ることの方が多いって方、いますよね。
ウサギみたいって言えば、ちょっと可愛く聞こえますが、これは不健康なウンチです。
残便感があったり、肛門が傷ついていたりする場合もあるので、改善する努力をしましょう。

 

コロコロウンチは便秘

毎日出ても便秘

出ているから大丈夫?
いいえ!
コロコロウンチも、立派な便秘症状です!

 

便秘とは、ウンチが大腸からスムーズに排泄されないことの総称なので、冒頭で説明したような健康なバナナ型ウンチがスルッと出ない限り、便秘を疑った方が良いでしょう。
回数は、1日1回が理想です。
バナナウンチだからと言って3日に1回しか出ないようなら、それも便秘の可能性がありますよ。

 

コロコロウンチの人の場合、2〜3日に1回って人も多いのではないでしょうか?
毎日3食食べているのに、2〜3日にコロコロウンチが少し出るだけ・・・
食べる量に比べて出る量が明らかに少なすぎませんか?

 

出ない分は、あなたの大腸に留まっています・・・
怖いですね〜(+_+)

 

コロコロウンチとバナナ型ウンチの違い

ウンチの中身って考えたことありますか?
実は、全部食べ物のカスではないのです。

ウンチの中身

1番多いのは、水分で、バナナ型ウンチの場合は70〜80%が水分です。
残りは『食べ物のカスが5〜10%』、『生きた細菌が5〜10%』、『剥がれた腸の粘膜が5〜10%』です。

 

コロコロウンチになると、何が違うかと言うと、水分が60%前後まで少なくなります。

 

水分の違いがどう変わるか、紙粘土を例にして説明します。

 

水分が多いと柔らかく、形も自由に変えられて、筒状のチューブもスルッと通しやすそうですよね。
これがバナナ型ウンチです。

 

水分が少ないと、長く伸ばす前にブチブチ断裂してしまい、硬いから形を変えにくくなり、筒状のチューブを通すには小さくするしかないですよね。
これがコロコロウンチです。

 

たかが10〜20%水分が違うだけで、ウンチの出やすさは全然変わって来るのです。
硬くなるから出にくくなって、肛門を傷つける場合もあり、ウンチを出すのが辛くなります。

 

コロコロウンチの治し方

やるべきことは、2つ!

  1. 水分を摂る
  2. 善玉菌優位な腸内環境を整える

1、水分を摂る

お茶・コーヒーは逆効果

ウンチが固いのは水が少ないせいなので、まずは水分を摂りましょう。
この時、お茶やコーヒーではなく、水を飲んで下さい。
カフェインには脱水作用があり、タンニンには便を固くする作用があるので、お茶やコーヒーで水分を摂っても逆効果です。

 

2、善玉菌優位な腸内環境を整える

善玉菌を増やす

水分が多くなっても、悪玉菌優位な腸内環境では下痢になってしまいます。
善玉菌を増やして、柔らかいウンチが作れる環境を整えましょう。

 

コロコロウンチから理想のバナナ型ウンチへ変われたら、毎日のトイレがラクになるだけでなく、毒素が身体に溜まりにくくなり、ダイエットや美容にも良い影響を期待できます。

 

女性は生理周期でホルモンバランスが変わるため、1ヶ月の間にウンチの状態が変化する場合もありますよね。
「出てるからいい」と諦めずに、少しずつ体質改善して行きましょう。

 

生きて腸に届く乳酸菌【善玉菌のチカラ】

 


このページの先頭へ戻る