先頭に戻る

ピロリ菌のリスクを低減する乳酸菌LG21

おなかにやさしいヨーグルトは数多く販売されていますね。
最近では含まれる乳酸菌の名前が入ったものも多くあります。

 

株式会社明治から販売されている「明治プロビオヨーグルト」もその1つですね。
なんか馴染みのない名前ですが、「LG21」といった方がわかりやすいでしょうか。
これも乳酸菌の名前なんですよ。

 

LG21乳酸菌には、一体どのような効果があるのでしょうか。
LG21

 

LG21とは

先程もいいましたが、LG21は乳酸菌の名前です。
LG21はピロリ菌に効果があります。

 

LG21は胃の粘膜に付着しやすく、ピロリ菌に到達し減菌する効果があります。
他のヨーグルトは腸で働くイメージがありますが、LG21は胃で働くことが1番の違いです。

 

ピロリ菌は抗生物質でも減菌することはできますが、他の菌も殺してしまいます。
これによって下痢になってしまうこともあります。
LG21はピロリ菌だけを減らすので下痢になることもありません。

 

他のヨーグルトと同じくお腹に良い善玉菌なので、ピロリ菌とお腹、両方に嬉しいヨーグルトです。
ダブルで嬉しい

 

ピロリ菌とは

ピロリ菌は人の胃に生育します。
胃には強酸性(ph1〜2)の胃液が分泌され食べ物を消化しています。
が、ピロリ菌はそんな中でも生息できるのです。

 

実は、生まれたばかりの赤ちゃんにピロリ菌はいません。
ところが、ピロリ菌に感染した大人と同じ箸やスプーンなどを使って食べたり、口移しで食べ物をもらっているうちに、大人から赤ちゃんへと感染してしまいます。
そのため、両親がピロリ菌に感染していると、子供もピロリ菌に感染している可能性が高いと言われています。

 

一度ピロリ菌に感染すると、消失することなく胃の粘膜を傷つけていきます。
慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、胃がんの原因になります。

 

日本では50歳以上で7割の人がピロリ菌に感染しているといわれています。
もちろん、感染した人全員が病気になるわけではありません。
胃が痛い

 

明治プロビオヨーグルト

リスクと戦う乳酸菌として販売されている「明治プロビオヨーグルト」
医師がおススメしたいヨーグルトとしても有名ですね。

 

ピロリ菌に効果があり、善玉菌も普通のヨーグルトと同じだけ入っているので、お腹にもやさしいです。

 

種類も

  • カロリー控えめな低脂肪
  • 砂糖0
  • アロエ入り

など多数あり、食べるタイプのものから飲むタイプのものまであります。

 

種類が変わっても、同じ数のLG21乳酸菌が入っていますよ。

 

抗生物質が1回で効かないのと同じように、LG21も1個でピロリ菌が全滅するわけではありません。
毎日美味しく食べて、リスクを減らしましょう。
食べて美味しい


このページの先頭へ戻る