先頭に戻る

乳酸菌をとったら下痢になることはある?

乳酸菌を摂取すると、腸内環境が良くなって便秘が解消されますよね。
でも、中には『乳酸菌を摂取して下痢になった』なんて人もいます。
一体どうしてなのでしょうか。
お腹痛い

 

乳酸菌と下痢の原因

乳酸菌を摂取すると腸内の環境が変わります。
徐々に改善される場合もありますが、急激に環境が変わる場合もあります。
急激に環境が変わった場合、ついて行けてない状態になって下痢を起こすのです。
善玉菌が優勢になれば自然に下痢は治まります。
説明する男性

 

それでも乳酸菌を摂取して下痢になってしまうのは、2つの原因が考えられます。

 

1つは、乳酸菌が自分に合っていない場合
もう1つは、乳酸菌を過剰摂取してしまっている場合です。

 

乳酸菌が合っていない場合

まず、乳酸菌が自分に合っていないのは、乳酸菌にも人と同じようにいろいろな性格のものがあります。

 

たとえ他の人に合っていても、自分には合わない場合があります。
合わない乳酸菌をどれだけたくさんとっても、腸内環境は改善されません。
自分に合った乳酸菌を探すことが大切ですね。
探す

 

乳酸菌を過剰摂取した場合

乳酸菌を過剰に摂取した時に下痢になってしまう場合は、乳酸菌によって作り出された乳酸や酢酸が腸内で刺激物になっているからです。

 

乳酸菌の1日の摂取量の上限は明確に決められていませんが、サプリメント等で決められた量を摂取するようにしましょう。
大量に摂取したからといって、体に良いわけではありません。
注意

 

牛乳で下痢に!?

また、乳酸菌を乳酸菌飲料で摂取している人の場合、乳酸菌以外にも下痢になる原因があります。

 

それは牛乳です。
牛乳

 

牛乳が体に合わない人いますよね。
最も多いのは、乳糖不耐症。
牛乳中に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないため、消化不良を起こしてしまって下痢になってしまうのです。

 

牛乳が体質に合わない。
でも、乳酸菌をとりたい場合、サプリメントを利用すると良いでしょう。

 

 

もし、それでも下痢が改善されない場合は病院へ行きましょう。
乳酸菌も大切ですが、規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

 


このページの先頭へ戻る