先頭に戻る

加熱したヨーグルトの乳酸菌は殺菌されています

乳酸菌は加熱すると殺菌されてしまいます。
死んだら、何も効果はないの・・・?
実は、死んでも腸内の善玉菌のエサとなり、ちゃんとお腹のために働いてくれるのです。

 

乳酸菌は熱に弱い

熱湯

乳酸菌は「60℃で30分、100℃以上は数秒」しか生きられないと言われています。
熱に弱いのです。

 

牛乳の殺菌は「120℃ 2秒間」とか書かれていますね。
現在は「120℃ 2秒間」の高温殺菌の他にも「65℃ 30分」といった低温殺菌のものもあります。

 

でも、ヨーグルトの場合、原料となる牛乳を殺菌し、乳酸菌を入れた後はそのまま型に流して発酵させます。
ヨーグルトになってから加熱殺菌はしないのです。

 

乳酸菌は42℃くらいまでの温度であれば活発に発酵できる菌種が多いのですが、45℃を越えると熱によるダメージを受け、発酵速度が落ちます。

 

ところで、最近では、ヨーグルトを焼いたレシピが人気ですね。
中でも注目を浴びているのが「焼きヨーグルト」です。

 

焼きヨーグルトとは?

オーブン

テレビで紹介されてこともあり、名前だけは知っているけど、「焼きヨーグルトって何?」という人もいますよね。

 

ヨーグルトを焼いたもので、水分を蒸発させ、また加熱による乳たんぱく質の変性のため、ヨーグルトより食感が固くなっています。

 

焼きヨーグルトはモッツアレラチーズのような食感と味が楽しめます。
モッツアレラチーズはカロリーが高いのですが、この焼きヨーグルトは低カロリーです。
その上、お値段もモッツアレラチーズよりも安い点から代用品として使われることがあります。

 

作り方も簡単で、耐熱容器に移して170℃のオーブンで30分程焼き、その後冷蔵庫で2時間程冷やすだけ。
家庭でも手軽に作れますよ。

 

加熱された乳酸菌はどうなる?

疑問
ところで、ヨーグルトに含まれていた乳酸菌はどうなったのでしょうか。
生き続けているのでしょうか。
それとも、熱によって死んでしまったのでしょうか。

 

焼きヨーグルトの場合は170℃で30分なので残念ながら乳酸菌は死滅してしまいます。
残念ながら生きて腸に乳酸菌が届くことは無理ですね。

 

焼きヨーグルトに限らず、ヨーグルトを生地に練り込んで焼くタイプのケーキやクッキーなどの乳酸菌は生きていません。
お味噌汁の隠し味にヨーグルトを入れると旨みがアップしますが、お味噌汁は60℃以上ありますので、乳酸菌は死んでいると考えて良いでしょう。

 

でも、死滅してしまうと何も効果がないわけではありません。
死滅した菌にも役割があります。
腸内にいる善玉菌の餌になったり、免疫力を高める作用があります。

 

ヨーグルトの売り文句に「乳酸菌が生きて腸に届く」とかあるので生きていないといけないような気がしますね。
でも、実際は生きていなくてもちゃんと効果はあるんですよ。


このページの先頭へ戻る