先頭に戻る

手作りカスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトは市販で売っていますが、自分で作る事もできます。
あなたの手作りヨーグルトを作ってみるのも楽しくできるのでお勧めです。

 

カスピ海ヨーグルトの作り方

まず用意するものは粉末菌種と呼ばれる、カスピ海ヨーグルトの菌と牛乳。
器具としては、熱湯消毒したガラスか容器かプラスチック容器、そしてスプーンです。
粉末菌種は1袋1000円位で売っているので、購入しておきましょう。
牛乳は未開封のものが良く、成分無調整牛乳やジャージー牛乳、濃厚牛乳などがヨーグルト作りに適しています。
準備ができたら容器に牛乳を250ml入れます。その後、粉末菌種を加えて、きれいなスプーンでよくかき混ぜます。
その後さらに牛乳を250ml加えてかき混ぜます。
カスピ海ヨーグルト作り
後はしっかりふたをして常温で発酵させていきましょう。
25℃前後が適温です。

 

カスピ海ヨーグルトを作る際の注意点

ヨーグルトを作る際は発酵させるため、他の菌が容器に入らないようにする事が大切です。
牛乳はなるべく新品のものを使い、容器やかき混ぜるスプーンもきれいにしておきましょう。
発酵させる期間は夏場だと半日から2日間、冬場だと1〜2日間程度かかります。発酵させたと思っても上手く固まらないという場合は、温度が低すぎたり、菌種が死んでしまっている可能性があります。
また、牛乳と菌種の割合のバランスが良くない時も固まらない場合があります。

 

次を作るために

できあがったヨーグルトは次のヨーグルトを作る際の種として使う事ができます。
ヨーグルトの容器の真ん中あたりのヨーグルトをすくって別容器に移し、種ヨーグルトとしておきましょう。

 

善玉菌のチカラでカスピ海ヨーグルトは作れる?

善玉菌のチカラにはカスピ海ヨーグルトと同じ生きた乳酸菌が含まれていますが、善玉菌のチカラを種ヨーグルトにすることはできません。


このページの先頭へ戻る