先頭に戻る

『ヤクルトソフール』の特徴

乳酸菌が生きたまま腸に届くという商品はいろいろありますね。
ヤクルトも乳酸菌が生きたまま腸に届く商品を販売しています。
ソフールもその一つです。
特定保健用食品でもあり、最近よく言われる「機能性ヨーグルト」でもあります。
ソフール

 

ヤクルトソフール

ソフールシリーズで生きたまま腸に届く乳酸菌はシロタ株(L.カゼイ YIT 9029)です。
このシロタ株どのような働きをしているかが気になりますよね。

 

シロタ株は強化培養されており、胃液等の強い消化液にも負けず生きたまま腸に届きます。
腸に届くと善玉菌を増やし、結果悪玉菌の数を減らすことができます。
これによって腸内環境が改善されおなかの調子が良くなります。

 

これだけだと普通のヨーグルトでもいいのではと思いますが、機能性ヨーグルトはこれだけではありません。

 

腸内に住んでいるビフィズス菌の数を増やす働きがあり、大腸がんや膀胱がんのリスクを減らす効果もあるそうです。
ヨーグルトで発がんを抑える効果があるのがすごいですね。
すごい!

 

ソフールシリーズ

このソフールですが、種類が4種類あります。

プレーン

プレーンはハードタイプ(カップで発酵させて固めたタイプ)のヨーグルトです。
ゼラチンが入っていて、プルっとした食感が特徴的です。

 

ストロベリー

毎日食べると味に飽きてしまうことがありますよね。
そんな時にはストロベリー味もあります。
こちらもハードタイプです。
イチゴ味

 

LT

カロリーが気になる人にはLTがおススメです。
プレーンに比べて45%カロリーカットされています。
プレーンもそれほど甘くはないのですが、食べ続けていると甘く感じてくる場合があるので、もっとさっぱり食べたいと感じた時はLTに変えてみても良いと思います。
ソフールLT

 

元気ヨーグルト

最後に元気ヨーグルトがあります。
この元気ヨーグルトは低脂肪でさっぱりとしたミルク風味です。
また、鉄分やカルシウムを他のヨーグルトより多く含んでいます。
鉄分やカルシウム不足気味が気になる人には元気ヨーグルトがおススメです。
元気


このページの先頭へ戻る