先頭に戻る

安いヨーグルトを食べても効果はない?

便秘改善に効果があるヨーグルトですが、毎日食べるとなるとヨーグルトの代金も気になりませんか。
高いヨーグルトだとなかなか続けるのは難しいですよね。

 

スーパーでも、コンビニでも様々なヨーグルトが販売されていますが、その中には400〜500gとか大容量のものもあります。
また、プライベートブランドのヨーグルトが大容量で100円位で販売されていますね。
大容量ヨーグルト
これらの安いヨーグルトでも便秘改善に効果があるのでしょうか。

 

乳酸菌との相性が重要

どんなヨーグルトでも乳酸菌は含まれています。
まぁ、ヨーグルトなのでそれは当たり前のことですね。

 

ヨーグルトは乳等省令ではっこう乳として、菌数や菌の種類について規定されています。
規定以下の場合は、ヨーグルトと言う名称が使えません。
気をつけること

 

問題なのはその含まれている乳酸菌が自分に合っているかという事です。
もちろん、その乳酸菌が腸まで生きて届くことも大切ですが、自分に合ってないものを食べ続けても効果は得られにくいです。

 

これは安いもの高いものに関係はありません。
高いヨーグルトでも含まれている乳酸菌が合っていなければ意味がないのです。
逆に安いヨーグルトでも自分に合うものであれば良いのです。
こればかりは自分で探すしかありません。

 

ダイエット中は加糖に注意

また、ダイエットも兼ねている場合は含まれる砂糖にも気を配らないとなりませんね。
小さい容器のヨーグルトだと加糖されていることが多いです。
これではダイエットに支障がでますね。

 

逆に大容量のヨーグルトの場合、付属されている(されてないものもありますが)砂糖を自分で加えることができます。

 

グラノーラ入りヨーグルト
ダイエット中は大容量のものを選び、自分でフルーツに合わせたりグラノーラをトッピングすることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る