先頭に戻る

ヨーグルトを食べると肌荒れすが起こる?

乳酸菌が腸内環境を良くするヨーグルトですが、「肌荒れを起こしてしまった」という人もいます。
他にも「ニキビが悪化してしまった」なんて人もいます。

 

その一方で、「肌荒れが改善された」という人もいます。

 

なぜ、ヨーグルトで肌荒れが起きてしまう人や改善されたという逆の意見が出てしまうのでしょうか。

 

肌荒れ、ニキビの悪化の原因

肌荒れ、ニキビ
原因、それはヨーグルトに含まれる糖分、脂肪分です。
加糖されたヨーグルトの場合は要注意です。
糖分や脂肪分がニキビ原因や悪化してしまうこともあります。

 

では、「加糖されてないプレーンヨーグルトなら大丈夫ですよね」と、思いますよね。
残念ながら、プレーンヨーグルトでもニキビが悪化してしまうのです。
脂肪分が含まれている場合はやはりニキビの原因になってしまいます。
腸内環境を良くしたいのならば、無脂肪、無加糖のヨーグルトがおススメです。

 

注意
その他にも理由があります。
それは、乳製品が体質にあわないことです。
乳製品が体に合っていない場合、乳製品を取らない方がニキビの改善がされやすいです。

 

ニキビの改善は食生活の改善が必要とも言われています。
自分の体質に合ったものではないとやはり肌には良くないですね。

 

脂肪や乳製品が気になる場合は乳酸菌サプリもおすすめです。
生きた乳酸菌『クレモリス菌FC株』が1つのカプセルに20億個も入っている善玉菌のチカラは、脂肪も砂糖も乳成分もほとんど含みません。

 

肌荒れが改善された理由

トラブルのない美肌
逆にヨーグルトで肌荒れが改善された理由は、
腸内環境が良くなったからです。

 

いままで溜まっていた悪いものが排出されたことによって、体内に溜まっていた毒素も一緒に排出されたからです。
つまり、ヨーグルトが直接肌荒れを改善したということではなく、腸内環境が良くなったので一緒に肌荒れも改善されたということです。


このページの先頭へ戻る