先頭に戻る

ヨーグルトの摂取量は何グラム?

体に良いことでヨーグルトは人気がありますよね。
子供のころから食べられていて、好きな人も多いのではないでしょうか。
牛乳は嫌いという人でも、ヨーグルトはOKなんて人もいますよね。
口当たりもよいのでそのまま食べても美味しいですし、フルーツやジャムを混ぜて食べている人も多いのではないでしょうか。
フルーツヨーグルト
ヨーグルトの中には乳酸菌が含まれているので、便秘解消にも役立っていますよね。
カルシウムも豊富でイライラの解消にも役立っています。
美容の為に毎日ヨーグルトを食べている人もいるのではないでしょうか。
大体、1日にどれくらいヨーグルトを食べていますか?

 

必要な摂取量

1日に必要な乳酸菌のを、全てヨーグルトから摂取しようとすると、その量は200〜300gと言われています。
この量を食品から摂取するのですが、ヨーグルトだけで1日分を摂取するのはよいとは言えません。
いろいろな食品からこの200〜300gを摂取する必要があるのです。
ヨーグルトは1日に100gを毎日摂取するのが好ましいとされています。
ヨーグルトパッケージ

 

大量摂取の問題

ヨーグルトが好きな人の中には1日にもっと大量に食べている人もいるのではないでしょうか。
(私の友達は1日にブル●リアヨーグルトの大容量パックを一人で1パック食べちゃう人がいました・・・)

 

ヨーグルトを大量に食べると乳酸菌以外になにか問題あるとしたら、何でしょうか。
それは「下痢」です。
もちろん、体質があるので100gを超えたからすぐに下痢になるわけではありません。
ただ、一度に大量に食べるとお腹を冷やしたりすることがあります。
また、乳糖不耐症の問題もあります。
ヨーグルトは製造過程で乳酸菌に乳糖が分解されますが、全てなくなっているわけではないのです。
そして、腸内環境が変わることがあります。
ヨーグルトの乳酸菌がそのまま住み着くことはほとんどありませんが、乳酸菌の死骸が腸内細菌のエサとなり、善玉菌と悪玉菌の比率が変わることで下痢になることもあるのです。
下痢のイメージイラスト

 

あと、「カロリー」も問題ですね。
プレーンヨーグルトであれば問題はありませんが、加糖されたものやフルーツ、ジャムを加えた場合は注意が必要ですね。
ダイエットもそうですが、1つの食品だけ摂取するのはいいことではありません。

 

乳酸菌は、キムチなどの発酵食品からも摂ることができます。
また、善玉菌のチカラなど、乳酸菌のサプリも色々発売されています。
摂りやすい食品を組み合わせてみましょう。

 


このページの先頭へ戻る