先頭に戻る

幼児が毎日ヨーグルトを食べても平気?

体によいのでヨーグルトを毎日食べている人もいるのではないでしょうか。
便秘の解消にも役立っていますね。

 

最近では子供でも便秘になる子がいます。
では、幼児にも毎日食べさせても問題はないのでしょうか。
母子

 

ヨーグルトを食べるメリット

ヨーグルトを毎日食べるメリットは、腸内のビフィズス菌を増殖させて腸内環境を整える点ですね。
善玉菌が増え、腸内環境が改善されると便秘や下痢を改善させる効果があります。

 

また、小学生に毎日食べさせたところ、インフルエンザの感染率が低下したという調査結果もあります。
免疫力の向上にヨーグルトは役立っています。

 

他にも、成長期に欠かせないカルシウムを摂取することができます。
美味しい顔の幼児

 

ヨーグルトを食べるデメリット

もちろん、全てのヨーグルトにこのような効果があるわけではありません。

 

いくら体によいビフィズス菌でも、腸まで届かなければ意味がありません。

 

また、幼児にヨーグルトを与える場合にプレーンヨーグルトではなく加糖されたものではないでしょうか。
加糖されたヨーグルトが悪いわけではありません。

 

いくら体によいものでも、美味しくないものを子供が食べることはありませんよね。
ただ、砂糖は虫歯の原因になります。
食べた後には歯磨きをして虫歯になるのを防ぐ必要があります。
ハミガキ

 

また、砂糖の取り過ぎは肥満にもつながります。
食べさせる量には注意が必要です。

 

それと、幼児に多いのはアレルギーです。
乳製品アレルギーがある子にヨーグルトを与えるのはNGです。
また、ヨーグルトを与えすぎるとかえって便秘になってしまう場合もあります。
牛乳

 

まとめ

ヨーグルトを毎日与えるのが悪いとは言えません。
ですが、同じ食材を毎日食べるよりも、違うものを取り入れた方がいいと思います。

 

加糖されたヨーグルトばかりではなく、たまにはプレーンヨーグルトを取り入れるのもよいと思います。
またプレーンヨーグルトだけでは食べにくいので、フルーツに合わせたり、オリゴ糖をかけてあげれば食べやすいですよ。


このページの先頭へ戻る