先頭に戻る

善玉菌と悪玉菌の関係とは

腸の中の菌の働きと関係

腸には沢山の菌が存在していて、その種類は500種類以上と言われています。
その中で体内に良い影響を与える菌の事を善玉菌、悪い影響を与えるものを悪玉菌と言います。
また、良くも悪くもない菌というのもあり、それらは日和見菌と言います。
悪玉菌が無くなれば一番良いのですが、体内でこれが完全に無くなる事はなく、数が少なくなると日和見菌が悪玉菌になりバランスを取ります。
要はバランスが大切で善玉菌の方が悪玉菌よりも多く、適度なバランスを保っている状態が健康な状態です。

 

善玉菌とは

善玉菌は体に良い影響があります。
例えば、悪玉菌が増えすぎないように体内を酸性に保つ働きや、腸の本来の排泄を促す働きを促進したりします。
乳酸菌やビフィズス菌が代表例ですが、一言で乳酸菌と言ってもその中でも種類があり、300近くの種類があります。
腸内環境を整えるというのは、この善玉菌が優勢なバランスを作って、それを保つ事を言います。

 

悪玉菌とは

悪玉菌は体に悪影響を与えます。
具体的な体の症状としては便秘になったり体力の低下、免疫力の低下などを引き起こします。
ウェルシュ菌などがその例。
体に何らかの症状が現れている場合はこれらの働きが活発になっている証拠です。

 

腸内菌のバランスを改善するには?

腸の菌のバランスを善玉菌が優勢な状態に改善していくには善玉菌を増やす食事をしていくのが効果的です。
ですが、一時的に摂っても通過するだけで終わってしまい、体内状態を変えるまでにはなりません。
良い食事を続ける事で効果が表れてきます。
善玉菌のチカラなど、生きた乳酸菌を含むサプリメントも多く販売されていますが、3ヶ月程度継続的に摂り続けることが望ましいとされています。

 


このページの先頭へ戻る