先頭に戻る

善玉菌を増やす食べ物

腸内環境を良くして、便秘を防止してくれる善玉菌。
体に悪影響をおよぼす悪玉菌をやっつけてくれる善玉菌。

 

もう、悪玉菌なんて全滅させちゃえばいいのではないかと思ってしまいますよね。

 

もちろん、悪玉菌を全滅させるなんてとても難しいことです。
でも、善玉菌の数を増やすことはできます。
今よりもっと善玉菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。

 

善玉菌の好物

善玉菌だって生き物です。
生きるためにはもちろん、「エサ」が必要です。
特別なものではなく、私たちが食べたものの一部が「エサ」になるのです。
では、どのようなものが「エサ」になるのでしょうか。

 

食物繊維

食物繊維が、善玉菌にとって「エサ」になります。

 

まず、善玉菌が住む大腸には食べ物のかすや水分たっぷりなドロドロなものがやってきます。
これらが便の中身になります。
そして食物繊維がかすをつくるのに必要になるのです。
食物繊維を摂ると、善玉菌も増え、便の量も増えるのでお腹の調子が良くなります。

 

最近ではこの「食物繊維」が「第6の栄養素」として注目されています。
「食物繊維」には肥満や糖尿病の予防に役立っています。
また、コレステロール値を下げる効果もあります。

 

「食物繊維」はこんにゃく、いも、かぼちゃなどに多くふくまれています。
冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれますが、これも食物繊維の働きからなのです。
かぼちゃ

 

オリゴ糖

これも善玉菌のエサになります。

 

スーパーに行くとオリゴ糖入りの商品を見かけることがありませんか?
「オリゴ糖」は糖類です。
ですが、砂糖に比べて体に吸収されにくいものです。
ですから、大腸に到達することができます。

 

ただし、この「オリゴ糖」、食べ過ぎには注意が必要です。
食べ過ぎるとお腹が張ったり、お腹を壊すこともあります。
砂糖を全部オリゴ糖に変えるのではなく、一部を代用して、善玉菌を活性化させるようにしましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る