先頭に戻る

下痢の原因は善玉菌が減るせい?

善玉菌が増えると、腸内環境が改善され便秘の解消につながりますね。
では、逆に善玉菌が減ってしまうとどうなるのでしょうか。
便秘になるのはもちろんですが、下痢になる場合もあります。

 

下痢の原因と善玉菌

下痢になる原因はいろいろありますが、腸内環境の悪化が原因の一つに挙げられます。

 

腸内環境が悪化するのは善玉菌の減少が挙げられます。
通常、腸内の善玉菌は悪玉菌が生存競争をしています。
善玉菌が減少することで、腸内の悪玉菌が増えてしまうからです。
悪玉菌がいっぱいの腸

 

日和見菌を味方につける

また、腸内には善玉菌、悪玉菌以外に日和見菌も住んでいます。
この日和見菌は名の通り、有利な方につこうと常に形勢を伺っています。
善玉菌が減少して、悪玉菌が有利になると日和見菌も悪玉菌へ傾きます。
ますます腸内環境が悪化してしまうのです。

 

と言うことは、日和見菌が善玉菌に加勢してくれれば、腸内環境は良好に保ちやすくなるのです。

 

では、善玉菌が日和見菌を味方につけ、悪玉菌に勝つには、どのような腸内環境が必要なのでしょうか。
悪玉菌と戦う善玉菌

 

下痢する時の腸はアルカリ性

善玉菌が有利な時は腸内は酸性です。
消化吸収機能が高められて健康な状態です。

 

悪玉菌が有利な時は腸内はアルカリ性です。
このアルカリ性であることが便秘や下痢の原因になっているのです。

 

ピンとこないかもしれませんが、「菌の活動」に注目すると、理解できると思います。
すなわち、
善玉菌(乳酸菌)は発酵して乳酸などを作り出し、酸性へ
悪玉菌は腐敗を引き起こし、アンモニアなどを作り出し、アルカリへ
腸内でも、これと同じようなことが起こっています。
菌の活動

 

歳をとると善玉菌が減る

生まれたばかりの赤ちゃんの腸は善玉菌がたくさんいますが、善玉菌は年齢と共に減少してしまいます。
減少するだけでも大問題なのに、悪玉菌は増加するというおまけつきです。
年齢とともに腸内環境は悪化していっているのです。
ですから、サプリメントやヨーグルト等で善玉菌を摂取する必要があります。
ヨーグルト

 

ストレスも善玉菌の敵

他にも強いストレスや緊張することでも腸内環境は変化をしてしまいます。
元気がない

 

また、うつの状態にもなりやすくなり、下痢が続くことで、物事を前向きに考えられなくなり、さらにうつがひどくなるといった悪循環になることもあります。

 

たかが菌とは思わず、善玉菌を減らさないようにしたいですね。

 


このページの先頭へ戻る