先頭に戻る

善玉菌が体内からいなくなるとどうなるの?

善玉菌と悪玉菌は常に体の中にいます。
もちろん、仲良しではありません。
常に戦いを繰り広げています。
善玉菌が少なくなると、体の調子が悪くなります。
体に大切な善玉菌ですが、もし善玉菌がいなかった(少なくなった)場合一体どうなってしまうのでしょうか。

 

善玉菌がいなくなった場合の体への影響

善玉菌は体の中で悪玉菌と戦う以外にもいろいろな働きをしています。

腸内環境を改善して便秘・下痢の防止
病原菌の感染防止、コレステロールの低減
ホルモン・ビタミンの生産…

とにかく沢山の仕事をしています。

 

では、この善玉菌が少なくなるとどうなるか。
善玉菌と悪玉菌は常に戦いを繰り広げているので、当然ですが悪玉菌が増えますね。
そうなると、逆のことが起こるわけです。

 

まず、腸内環境が悪化して下痢や便秘が引き起こされます。
コレステロール値が高くなります。
また、口腔内の環境も悪化します。
これにより、口臭、歯周病になります。
他にも、免疫も落ち、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすこともあります。
これ以外にも生活習慣病を引き起こしたり、発がん性のある有害物質を発生させる原因になります。

 

いなくなって初めて善玉菌の身体を守るチカラを感じられることでしょう。
咳をする女性

 

最近では食生活が多様化し、善玉菌が多く含まれた発酵食品の摂取量が少なくなっています。
花粉症の人が多くなったのも善玉菌が少なくなったことも原因かもしれませんね。
それだけ善玉菌が体にとって大切なものであるということですね。
そんな体に大切な善玉菌を意識して体に取り入れたいものですね。


このページの先頭へ戻る